都会に癒しの空間を作る屋上緑化について知りたい

屋上緑化をすると何がいいの?

「屋上緑化」とは建物の屋上や屋根などを活用して植物を生育するものです。緑の少ない都会の無機質な建物に癒しの空間をもたらし環境の改善に役立ちます。また緑化面積を屋上に移すことで敷地内のスペースを有効活用することが出来るようになります。
屋上に緑地を作ると屋根から伝わる熱をシャットアウトする断熱効果が得られ、節電やヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。酸性雨から建物を守ったり、景観を美しくする効果もあります。

屋上は植物にとっては過酷

屋上は地面に植物を植えるのと比べると植物にとっては厳しい環境です。
例えば工場や商業施設などの屋根は、断熱性能が低いものが多く、夏には約70度まで温度が上がります。水やりや排水などの設備も考えなければなりません。また、土を入れることで屋根に荷重がかかり、重さに耐えきれるかどうかということも問題になります。
屋上緑化にはトレーに植えられている植物を設置していく方法が取られています。あらかじめトレーには保水・排水性の良い土壌を入れ、暑さや寒さに強い植物を選ぶことでその後の管理も簡単にすることが出来るのです。

屋上緑化と法律の関係

「都市緑地保全法」では大規模ビルなどの開発の際には一定割合での緑化が義務付けられています。また工場等では「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(省エネ法)で電気の需要の平準化に資する措置を講ずるように努めなければならないと定められています。
屋上緑化をすることで電気使用量の低減とCO2排出量削減につながります。また「工場立地法」では屋上緑化も緑地面積として算入することが認められています。屋上緑化を取り入れることで効率的に緑化を進めることが出来ます。

真夏の日差しを遮りたいなら屋上緑化があります。温度が下がるだけでなく、見た目が爽やかなので暑さも軽減できます。