サマータイムが導入されたら現在利用している時計はどうなる?

普通の時計はただ時間を進めれば対応完了

海外では夏になるとサマータイムが導入される国があります。サマータイムが実行されると、たいていの場合、通常の時間から一時間繰り上げたものを標準時ということにします。たとえば、6月1日からサマータイムを始めるということになった場合、5月30日の午前7時は6月1日になると実質的に午前8時になるわけです。したがって、6月1日の午前7時に起きるためには5月30日では午前6時だった時間に目覚ましをかけなければなりません。

では、もし日本でサマータイムが導入された場合、我々が使っている時計はどうなるのでしょうか。まず、通常の時計はサマータイムが行われる日になったら針を一時間進めれば対応が完了します。サマータイムが行われるからといって、今、使っている壁掛け時計や腕時計が使えなくなることはないので安心してください。

何時間繰り上げるのかによって電波時計の対応は変わる

問題は電波時計です。現在、出回っている電波時計は、ある程度、サマータイムに対応していますが、「サマータイムが行われているのであれば一時間繰り上げる」という機能しかないものがほとんどです。つまり、サマータイムは一時間の繰り上げということで設定が固定されており、その通りに施行されれば問題ないのですが、もし、二時間の繰り上げとなった場合は、サマータイムになると一時間ずれた時刻を表示してしまうのです。電波時計なので、手動で調整しても電波を受信すると元に戻ることになり、対策としては電波を受信しないようにするしかありません。しかし、それだと電波時計の意味がなくなってしまうわけです。

したがって、もし日本でサマータイムを導入するのであれば、今の電波時計をどうするのかという議論が必要になってくるでしょう。

ファッションブランドとして知られているシャネルからは、腕時計も数多く発表されています。「不要なものはそぎ落とす」という哲学に則って製造された、シャネルの時計は洗練されたデザインが特徴です。