アンティーク家具を置こう!失敗しない選び方

アンティーク家具はどのように選べばいい?

作られてから長い年月が経ったアンティーク家具は、新品の家具にない独特の魅力で人気です。アンティーク家具を購入するときは、どんなポイントを確認すればよいのでしょうか?失敗しないアンティークの選び方を紹介します。

【選び方1】種類で選ぶ

アンティーク家具には、テーブル、デスク、チェア、チェストなど、様々な種類があります。まず、どんな種類のアンティーク家具を置きたいのか、考えながら選びましょう。置く場所とアンティーク家具のバランスはどうか、ほかの家具やインテリアとの調和ができるかなど、置いたときのイメージをしながら選ぶことが大切です。

【選び方2】素材で選ぶ

アンティーク家具はほとんどが木製です。素材の木にはいろいろな種類があり、それをポイントに選ぶのも1つの方法です。マホガニー、オーク、ウォルナットなどの木が主なもので、それぞれ木目の美しさや丈夫さ、希少性などの特徴があります。実際に素材の特徴を確認し、しっくりくるものを選ぶとよいでしょう。

【選び方3】実用性で選ぶ

アンティーク家具は、100年以上も前に作られています。非常に丈夫な造りのものもありますが、これまでの使用状況やお手入れの状況によっては、摩耗や劣化が激しく、実用が難しいものも存在します。見た目や雰囲気を楽しむだけでなく、実用性も求めたい方は、きちんと使用できるかどうか購入する前に確認しましょう。

ポイントを押さえて素敵なアンティーク家具を選ぼう!

魅力いっぱいのアンティーク家具。選ぶときには、アンティーク家具をどんな目的・用途で置きたいのかをイメージしながら考えることが大切です。ご紹介したポイントを参考にしながら、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

アンティーク家具は、パーツの種類やデザイン、サイズなどにこだわりが見られるアイテムが多く、お部屋のインテリアとして役立てることができます。